男性医師

女性で最近不調を感じる方は更年期障害を疑ってみましょう

別の場所に移ったがん

看護師

根治の難しさが理由

がんは一度なってしまうと根治が難しいという特徴があります。そのため、ある程度治療できたと思っても、思わぬところから転移がんが見つかることも多いです。転移がんは、最初にがんが発生したところから、血液やリンパの流れにのってがん細胞が移動することで発生します。そのため、リンパの流れが集まっているリンパ節や、血液が多い肺や肝臓、骨や脳などで転移がんが見つかることが多いです。転移がんが多いのは、根治の難しさが理由です。大きな腫瘍を取り除いても、がん細胞を完全に取り切ることはほぼ不可能です。放射線治療や薬物治療は、縮小させることはできても根治はできません。そのため、いかに進行を抑えるかが治療の肝となります。

生活習慣にも気をつけて

手術や放射線治療などにより大きながんの腫瘍がなくなり、ほぼ元通りの日常生活に戻れるようになることもあります。この状態を寛解といい、がんの場合は完治ではありません。一度がんになると転移がんが見つかったり同じ部位のがんが再度活動しだしたりする可能性があるためです。寛解に至っても、常に再発と転移の危険性があることを意識した生活にしなければなりません。喫煙はリスクを大きく増やすので避ける必要があります。過度の飲酒も避けるべきでしょう。暴飲暴食や過剰なストレス、生活リズムの乱れなども免疫力の低下につながり、リスクを増大させます。こうした生活習慣に注意しても100パーセント防げるわけではありませんが、予防という点では非常に重要なファクターとなります。

Copyright© 2017 女性で最近不調を感じる方は更年期障害を疑ってみましょう All Rights Reserved.