医師達

女性で最近不調を感じる方は更年期障害を疑ってみましょう

別の場所に移ったがん

看護師

がんになってしまうと転移がんが見つかることが多くなるでしょう。リンパや血液の流れに乗ってがん細胞は移動するため、流れが集まっているところにできやすいです。根治の難しさが転移がんの多さの理由といえるでしょう。寛解した後もリスクはあるので生活習慣に注意すべきです。

詳細を読む

新しい癌の治療方法

女性と男性

正常な細胞を傷つけずに癌細胞だけを攻撃することが出来るNK療法は、様々な癌の治療に効果的であり副作用の心配も無いということで人気となっています。癌の治療方法には抗癌剤を使った治療や放射線を使った治療などがありますが、NK療法はそれらの治療法を併用して行うことでより高い効果が期待出来ます。

詳細を読む

新しい治療法の一つです

男性

サイバーナイフ治療は、機会で制御されたロボットアームを用いて、がんのみに高線量の放射線ビームをあてる治療法のことを言います。周囲の正常な細胞にダメージを与えることはありませんし、またもちろん手術の必要もありません。

詳細を読む

体に様々な不調があるなら

婦人

女性なら婦人内科へ

ある程度の年齢になってから、冷えや肩こりやイライラなどが起こり、慢性的な不調が続いている女性もいるはずです。それらを診てもらうためにクリニックに訪れても、ハッキリとした病名が付かない場合があります。そのため、軽い安定剤などを処方されるだけで治療が終わり、現在も症状に悩んでいる方もいるでしょう。もしかすると、その症状は更年期障害と呼ばれる病気かもしれないため、きちんと診断してもらえるクリニックを選ぶ必要があります。女性の体のことは婦人内科(婦人科)がスペシャリストなので、更年期障害と思われる症状があるなら訪れてみましょう。婦人内科ならば更年期障害の疑いを持った上で診察してくれますので、見落とされることはありません。

専門の外来もあります

婦人内科以外には更年期障害を専門としている外来もありますので、そちらで診てもらえばより詳しい診断をおこなってもらえます。ただし、婦人内科よりも数は少ないので、無理して遠方のエリアにある専門外来を探す必要はないでしょう。女性には更年期障害が起こりやすいとされているため、婦人内科でもきちんとした治療を望めます。なお、男性にも更年期障害は起こりますので、体調を戻したいと考えるなら、クリニックで診てもらいましょう。男性の場合は内科が適していますが、初めに更年期障害かもしれないと伝えた上での診察をオススメします。もちろん、男性用の更年期障害を専門とする外来もありますので、近所のクリニックで診断が難しそうなら訪れることを考えましょう。

Copyright© 2017 女性で最近不調を感じる方は更年期障害を疑ってみましょう All Rights Reserved.